FC2ブログ

記事一覧

偏った生き方

夫は、今日、昼から古文書勉強会へ行く。夫は、晴耕雨読の生活をしており、それは自分の自己実現を果たしたようなものだった。若い時は、私が山や畑に行っており、夏は川で泳いで「元気な、元気なM子(私の名)さん」と言われていた。その頃、夫は苦吟して勉強をしており、青白い顔をしていた。私は真っ黒に日焼けしており、夫に「タヒチの女」と言われていた。今、形勢は逆転して、夫が山や畑に行き、私は青黒い顔をして苦吟しな...

続きを読む

貶すのが上手な男

私が、5時半に目覚めて、可燃ごみを出し、娘の為に独身証明書を役場の支所から取って、帰ってきたら、夫が、感心して「こんなものが本当にあったのか」と言うのはいいが、封筒にいれた証明書の折り方が悪い、と怒りだした。確かに私の折り方はよくなかったから、怒られても、しょうがないが、その後がずるずると私の非難になる。「なんにもしないくせに(掃除を)」、私「家の中の掃除やっているよ」、夫「いや、店の掃除じゃ」。...

続きを読む

朝の滅入り

朝方、目覚めかかっている時の滅入りは凄まじく、私が現在やっていること(原稿書き)を、「こんなことをして一体なんになるんだ」と全面否定の声がする。私が今書いている原稿は、不特定多数向けのものではなく、特定少数向けのものである。だから売れない。完成したら特定少数の人たちに無料で贈呈するものである。金にならないし、名もあがらない。また、年を取っているから、本当は、名を挙げるものを即書くべきで、無名のまま...

続きを読む

女殺し油地獄

このごろ認知症になりかかっているのか?物忘れがひどいが、ものを取り落とすことも多くなった。コーヒーを落とす、小銭を落とす、例を挙げているとキリがない。昨夜は、天ぷらを作る為に、油のはいった鍋を取り落とし、コンロから、コンロを置いてあるコンロ台から台所の床、私のズボン、至るところ油だらけ。こういう場面を夫が見ると、厳しい叱責が飛んでくるので、素早く対応しなくては。私の靴下、履いていたスリッパも油だら...

続きを読む

恐怖と不安

今日、商工会主催の情報セキュリティセミナー「情報漏えい予防対策と漏えい発生時の対応」を受けに行く。行きたくない。恐怖と不安の為に早く起きた。夫に、商工会へ行く用事を序でにしてきてくれ、と言われていることも重い。ああ、行きたくない、行きたくない。私は、猫のように家で丸まっていたいのに。10時からだから、もう行く時間が迫っている。行きなれた所ならいいが、どっか慣れない所へ、行くことになると、私はいつも...

続きを読む

プロフィール

marimidori

Author:marimidori
東京で生まれた後、親の転勤もあってあっちこっちへ住み、今は徳島在住。夫の経営する薬店を手伝いながら、諸行無常の生活をしている。15歳の時から強烈な不眠に悩まされ、二十歳の頃ついた病名が境界性欝病。還暦になった今でも治っていない。同じような病の人に役立てばとブログを始めることにした。FC2ブログへようこそ!

最新コメント