FC2ブログ

記事一覧

眠れなくてコーヒー中毒になりそうだ

このブログを見てくれている人がいたら、「随分記事の更新がおそいなあ」とか「記事の更新の仕方がむら気だ」と思われたことであろう。このところ眠れない日が続いて、パソコンの前に座るのもしんどかったのである。実は今日も眠れなくて、やはりしんどいが、いくらなんでも記事の更新が遅すぎるだろうと思って、自分の現状をネタに書いている次第。昨日は卓球をしに行った。帰ったらぐったりで、何もできないところを、夫の夕飯を...

続きを読む

捨てる神あれば拾う神ありー身内の敵

私は敵の多い人間である。昔はそうではなかった。昔というのはどのくらい前のことをいうのか?というとこの今の家に嫁ぐ前くらい、20代の前半くらいまでである。中学生くらいまでは、小柄で奥手だったので、年上のお姉さんや、子供のいない女の先生とかにねこっ可愛がりされた。自分が年上の人に可愛がられていると気付いたのは、小学三年生の時が初めてだった。担任の初老の女の先生に可愛くて堪らないという目付きで可愛がられ...

続きを読む

異常興奮

眠れないのは、運動が足りないからだろうと思われる人が多いが、運動が過ぎると異常興奮して眠れない。親友三人と何年か前岡山旅行に行った時、一睡もできなかったことを前に書いたが、私は親友たちと合流する前、終点だと思い間違いして、高速バスを途中で降りてしまって、終点まで8キロと書いてある札を見ながら歩いた。苦しかったが仕方ない。そして親友たちと合流してまた8キロくらい歩いた。もっと歩いたかもしれない。彼女...

続きを読む

睡眠の大切さ

この病気になってから、睡眠が足りないと滅入ったり、気力がなくて何もできなくなった。こうなる前は(15歳以前)少々睡眠不足であろうが、徹夜しようが、肉体的にも精神的にも、なんら不都合はなかった。断眠療法は邪道である。あれは一晩か二晩寝なかったら興奮により元気になり、鬱が消えたように錯覚する。しかし私は滅多にそうなったことはなく、一晩寝ないと、心臓が突き刺されそうな不安に陥った。睡眠が取れるか否かは私...

続きを読む

心配事が絶えない

ブログをずーっと前からやっている人に、「ブログを始めることにしたので、アドヴァイス下さい」とメールで言うと「特にないですが、一定期間が経ったら、更新をすることですね」と言われたが、このところずーっと更新していない。疲れておるのじゃ。心労が多くて。肉体的疲労はバタンキューで寝ればとれるが、神経的なものはなぁー。髪が真っ白になるほど心配事の山を抱えている。先日、テレビで『女城主 直虎』の但馬の守を演じ...

続きを読む

今、現在

夫との家庭は地獄ではなくなった。無論、悩みや苦しみ、喧嘩もある。が、普通の家庭が持っているであろうようなものになった。母も86歳になり、見かけは腰が曲がって、足もひょろひょろしており、背も縮んで、可愛いおばあちゃんになった。頭はしゃっきんである。こんな哀れな親を憎んではいけないと思う。だから過去のことについては事実を述べたまでで、マイナスの感情をもう付着はさせていないつもりである。しかし、今、現在...

続きを読む

この病気になった外的要因ー母の育て方②

母は私が子供の頃から「子供は別人格だとこのごろいうけど、子供は親のものじゃ」と豪語していた。姉も私も絶対服従。が、子供は生きものだから、どうしたって自分(母)の思うようにならない。逆らう、動く。母は子供を自分の所有物にしたかった。生きものは動き変化するから、自分の所有物にならない。それならばどうするか?生きものを死物にすることである。殺すか食べてしまうか。が、どっちも人間の世界で許されていない。で...

続きを読む

衣食足りて礼節を知る

これは孔子が言っていたと思うのだが、孔子が弟子の中で一番かっていた顔回は衣食足りずとも平常心を失わなかったと言うが、我々凡人はそうはいかない。夫が私にはした金しかくれぬことは、前に書いた。食料品の買い物を五千円近くして、ガソリンを三千円くらいで入れて帰ってきたら財布はほとんど空っぽ。そして翌日夫がお金を入れてくれることになっているお菓子の空になった缶を見ると、四千円しかはいっていない。今日もちょっ...

続きを読む

プロフィール

marimidori

Author:marimidori
東京で生まれた後、親の転勤もあってあっちこっちへ住み、今は徳島在住。夫の経営する薬店を手伝いながら、諸行無常の生活をしている。15歳の時から強烈な不眠に悩まされ、二十歳の頃ついた病名が境界性欝病。還暦になった今でも治っていない。同じような病の人に役立てばとブログを始めることにした。FC2ブログへようこそ!

最新コメント