記事一覧

母無事転院

母は無事転院して、リハビリに前向きに取り組んでいる。このブログを見て下さっている、奇特な人には、ご心配をお掛けしました。母の犬も主がいなくても、しょんぼりしないで、前向きに、明るく生きている。(本当は、薄情で、現金なだけかもしれないが)という訳で、記事の更新は、八月に入ってから、又、詳しく書きますね。今まで、看病疲れしていたの。非常事態宣言も頭の中に発令して、緊張の連続だったが、やっと平常心に戻り...

続きを読む

元気の出るテレビー再び 『女城主 直虎』

私は、常々、女の男装ほど興醒めなものはないと思っていた。高校生の時、三島由紀夫の『仮面の告白』を読んでいたら、主人公がジャンヌダルクの肖像を見て、男だと思って、惚れ惚れとしていたら、人に、女だと知らされ、失望する場面が出てくが、私はつくづく共鳴した。あれは、主人公がホモだからだ、という人もいるだろうが、私のような、普通のセクシュアリティの者でも失望する。だから、去年(2016年平成28年)「来年の大...

続きを読む

大恩

母が転倒して骨折したことは書いた。それが7月7日で、手術の日は7月11日だった。右の大腿骨を骨折していて、折れた骨を除去して金属の人口骨を入れるそうである。母が手術室に運ばれて行くと、私は、病室で待っていた。二時からときかされていたのに、呼ばれたのは3時すぎ、手術が終わったのは5時ごろで、手術が終わると集中治療室で二時間くらい様子を見るためにいる。病室へ帰ってきたのは7時ごろで、跡取りの姉は11日...

続きを読む

罰が当たった

私はこのブログの最初の方の記事に、私をこのような病気にしたのも、父を呆けさせたのも、母のせいだと書いた。仕方のない性格のせいだとは思ったが、そこに母に対する恨みや憎しみの感情も付着していた。生みの親に、そのような感情を抱くことはいけない。故に罰が当たった。母が7月7日玄関で転倒し救急車で運ばれ、入院したのである。7月11日に手術。今日は手術前夜の10日。それまで嫁ぎ先から片道車で40分の実家へ行っ...

続きを読む

私はいつも軟禁状態

夫が外へ働きに出ないので、いつも夫は家にいる。だから私は一挙手一投足を見られていて、文句をつけられる。ずうっと働き続けている訳にもいかないので、休息していると、「また寝よる。ちっとは動け」と言う。実を言うと私は脈拍が速く、大体90から100くらいある。100を超えるときもある。病院へ行って心電図を取ってもらったが、異常はなかった。脈拍が速くなるのは、疲れてきて休みたいのに、何か非常事態が起きてどう...

続きを読む

私は欝病ではない

ここ10年くらい、統合失調症の症状は出ていない。私の場合、幻覚、妄想が主だったが、今では全くない。欝病も治ったと思っているのだが、医者は欝病だ、欝病だと言って欝病の方向へ持って行こうとする。このごろよく思うことだが、専門化した分野の医師の場合その方の病気に患者さんを持って行こう、行こうとする。自分の分野の目でしか物事が見れなくなっている。例えば「どうですか?」と聞かれて「滅入っています」と答えると...

続きを読む

プロフィール

marimidori

Author:marimidori
東京で生まれた後、親の転勤もあってあっちこっちへ住み、今は徳島在住。夫の経営する薬店を手伝いながら、諸行無常の生活をしている。15歳の時から強烈な不眠に悩まされ、二十歳の頃ついた病名が境界性欝病。還暦になった今でも治っていない。同じような病の人に役立てばとブログを始めることにした。FC2ブログへようこそ!

最新コメント