FC2ブログ

記事一覧

軍隊と性欲

亡父は軍人だったので、第二次世界大戦に参加した。軍隊にはいったら、まずコンドームが配られ上官が「遊んでこい」と言う。みんな女を買いに行ったが、父だけ行かなかったので、皆にせせら笑われた。父は「日本の帝国軍人なら、そんな汚いことはするべきではない。そんなことをしたらこの聖戦に日本は勝てない」と言って、皆がけしかけても絶対行こうとしない。最後には皆が感動して「K(父の名)の童貞をみんなで守ってやろう」...

続きを読む

5時起き

早く起きすぎたと思ってがっかりする。「もうお年なんだから(私は61歳)年寄りはあまり眠れないものです」。と言われそうだが、眠だるさが残っていて、「今日も駄目な日か」と落胆する。今日一日持つか?と思う。やるべきことが満載で、老母が「私は200年生きても用事がかたづかない」と言ったが、私ももう年なので、死ぬまでにしなきゃならないこと、したいことをやり遂げたいのだ。時がないのだ、私は焦っている。それにし...

続きを読む

不眠

今日も、頻尿、頻便に悩まされ、まだ眠だるさが残っているのに、5時半に起きてきた。実際に目を覚ましたのはもっと早く4時くらいだった。薬を飲んでいるから、只の不眠でなく、薬の効き目が残っているから、眠だるさがきつい。また、冷水をかぶってみたが、昼近くならないと、薬の眠だるさが取れない。...

続きを読む

今朝の悪夢

毎夜毎夜悪夢を見るが、今朝の私の悪夢には過去の後悔が浮かんできて、起きて考えているような悪夢だった。学生時代、何故近文会などというマイナーなしかもいかがわしいサークルにはいったのか?しかも近代文学なら、自分で読みすぎるくらい読んでいて飽きていたのに。それに近文会は男女関係が乱れていて、嫌なサークルだった。入学すると、ほとんど誰もがサークルや部活にはいる。私は、初め水泳部にはいろうとしたのだが、ど近...

続きを読む

夫の呪い

昨日は眠れなかったので、体がしんどくて、精神状態も悪く、夫のご飯作るのに、苦しいから体を曲げてした。夫は容赦がないので、こんな時「動かんから寝れんのじゃ」とか「眠る工夫をせんけんじゃ」と私を非難した。私が「今日眠れなかったから、明日は眠れる」と言うと「明日も眠れんわ」と呪った。友達が恐ろしいご主人だね」と言った。その呪いどおり4時に起きた。眠たくて目がしょぼしょぼする。夫は家事労働、特に食事作りを...

続きを読む

権威と性欲②の一例

男性は知らないが、女で性欲の強い人には権力志向があり、逆も真なりで、権力志向の強い人は性欲が強い。というのが私見である。こういうタイプの人は、男社会の中で、女なのに男に伍して、否、男以上に出世して、自分が出世することで、女性全体の地位を高めることに寄与するのではなく、自分が高い地位に登って、他の女性は競争相手にして蹴落とす。二つの例を挙げる。一つは、元防衛大臣の稲田朋美である。この人は旧姓椿原朋美...

続きを読む

ベジタリアン

私は、父方の遺伝で、高脂血症だから元々悪玉コレステロール値が高い。母は、父が若い時、検査の結果、悪玉コレステロールが高かったので、自分の従兄で内科医の原田武彦先生(故人)のところに相談に行ったことがある。なんとおっしゃったかと言うと「これは体質的なものでしょう」とのこと。余談だが外科医でもう亡くなられた原田邦彦先生も母の従兄である、姓が二人共「原田」だが、二人は兄弟ではない。本家と分家になる。私の...

続きを読む

頻尿と頻便

今朝、頻尿の為に、8、9回トイレに行って眠れなかった、というと「いつもそんなこと言っているね」と言われそうだが、それに加えて一週間前くらいから、頻便も加わった。頻便感がしてトイレに行くと、コロコロした便しかでない。それで今朝も4時に起き、碌に眠れてないので、眠だるい。一時間布団にいて、寝られそうもないので、5時に起きてきて、ごそごそやっていると、夫が8時半くらいにたっぷり寝て、そのお陰で元気満々な...

続きを読む

頻便

今日の夜中は、頻尿ならぬ頻便に悩まされた。トイレは主人の寝室の横にあるから、私が8回も9回も(もっと行ったかもしれない)行ったから眠れなかったろう。恨みで起きてくる夫の顔が目に浮かぶようだ。今朝もぼうっとしているので、冷水を浴びなくてはならない。夫は今日1時から4時まで古文書の会に行く。わーい。だが、夫が餅を買ってくれていたことは、嬉しかった。朝は白味噌のお雑煮、おやつは善哉、安倍川餅が食べれる。...

続きを読む

アンラッキーな日

今朝、自立支援受給者証の更新に支所へ行くと、病院側が要るものをチェックしてくれてあったのを、そのまま持って行くと、「ご主人の保険証と通知カードが要る」と言われて、また家に戻って、主人にその旨を言って、もらって再び支所へ行った。家族にさえ、こういう病気の人は内緒にする人や機関もあるのに(`o´)と怒りながら。私のかかっている病院の受付嬢は、奥さんが「うちの主人がここにかかっているので、呼んで下さい」と言...

続きを読む

ミサ子さんを偲ぶ

つい、この間、ミサ子さんが亡くなられた。ミサ子さんは、どこまでも人に尽くすタイプの人で、この人が男だったら、否、一庶民でなかったら、国を動かすようになっただろう、と思う。一人暮らしの老人に料理を作って持って行くなど、ボランティア活動も盛んにしていて、「こんないい人が早く死んでしまうなんて、ショックだった」という人が多い。嫌な人間が早死にしたら、「それみろ」と思うが、悪因悪果、善因善果ではないのだろ...

続きを読む

あちら立てればこちら立たず②

朝、凄い絶望感と不幸感で目を覚ます。こんな生き方は間違っているのではないか?と思う。夫の生き方は晴耕雨読だが、私は、晴耕つまり草むしりや山の手入れをしたら、雨読つまり読書や文筆ができないのだ。だとしたら、肉体労働をする方が、ずっと健康的で自然の理にかなったことではないだろうか?今、私は精神労働つまり文筆をしているが、それは病的であり、ストレス解消の為ピアノを弾いているが、そのことも「この家の奥さん...

続きを読む

今日は精神科に行く予定

過去の嫌なことは、忘れ、前向き主義で行くのが流行っているが、嫌なことでなくとも、いいことでも、忘れてしまったら、そのいいこともなかったことになる。記憶が失せる前に残しておかなければ、私が死亡した時何もなかったことになる。いい思い出も忘れさられる。記憶に残っている限り、あったことを書かなければ、こんなことがあったなんて忘れられるだろう。私が過去のことばかり書くのは、あった事実を、私が書かないまま死ん...

続きを読む

験担ぎ

私は、朝起きるとオロナミンCドリンクを半分飲むのを楽しみにしているが、今日はガバッと口の中にはいってしまい、味を楽しむこともできないし、危うく窒息するところだった。幸先の悪いスタートでこの日一日は駄目なような気がする。そして眠くて目がしょぼしょぼするから、また昨日の「生ける屍」になってしまう気がする。悪いことが早速あった。夫が、元気一杯で起きてきて、嫌なことを散々言う。それぞれのパソコンが一緒の部...

続きを読む

不眠に悩まされる

昨日、眠れなくて体調が悪かったので、今日は眠れるか?と思っていたら、やはり5時ごろ目が覚めた。「年を取ったら眠れないものですよ」と言われそうだが、私は寝が足りなかったら、活動ができないのだ。眠れなかったのは、頻尿のせいでもある。放射冷却は今朝はなかった。「どうして眠らせてくれないのだ?」と不幸の神様を怒鳴りつけたいくらいだ。「またしても、寝させてくれないのか?」とも。やはり朝は絶望感がする。具体的...

続きを読む

体調が悪い

体調が悪くても、主婦としての義務感が強く、昼寝もできない。ピアノ弾いてても、間違えて間違えまくって、一曲も弾けなかった。夫が家事、特に料理は、私に期待しているので、中々「ご飯、今日できないんだ」と言い辛い。言ったら夫は自分でするし、それで夫が機嫌が悪くならないと知っているのだが、夫は、私が予め言わないと怒る。「できんのならできんと言うてくれんと、こっちだってそのつもりで塩梅しよるのに、それが狂う」...

続きを読む

人生が重い③

昨日は、水分をほとんど摂らず、自分を褒めてやりたいくらいだったが、やはり頻尿に悩まされた。それと朝3時くらいから放射冷却のせいか?寒くて眠れず、5時過ぎに起きてきた。起きてきたら、もの凄い不幸感がし、人生が重い。早く起きすぎて、ぼうっとしている。また冷水をかぶらなければならないか?人生が重すぎて、押し潰されそうだ。具体的には、自費出版の本が45万もし、誰もが反対することもある。夫に知れたらとても怒...

続きを読む

便利屋

嫁ぎ先であるこっちの家でも、実家でもいいように使われていると思う。夫は、家事を殆ど手伝ってくれず、自分の説も曲げず、私に嫌なことは全部させて、結果にはケチをつける。実家でも、明日一泊させてくれることになっていたのに、姉が調子が悪いから来るなという。自分たちが都合の良い時は、こっちが苦しくても、あちこちに車で積んで行かされ、用事をさせる。夫も実家も私をいい風に使う。私は、便利屋なのである。屈辱と怒り...

続きを読む

自分の都合

実家の老母の面倒を、姉が大阪から一時帰省し、見てくれている。車の運転のできない姉の為に一週間に一遍は、用事をして上げる為に行く。明日行くことになっていたので、確認の電話をすると「明日はやめて。私都合が悪いから」と言う。いつもそれだ。自分の都合によって、私の予定をくるくる変えさせる。母は、骨折する前は、一人暮らしをしていて、母と同じ県にいる私は週二回、半日お世話に行っていた。跡取りの姉は大阪にいるの...

続きを読む

主観的な夫

朝、起きてきて、一番にパソコンのインターネットを開くのだが、今日はどうしても開かない。これが開けないと、情報を全部入れてあるのが取り出せず、とても不自由だというか?大袈裟だが、生きる手立てを失くす。一旦強制終了して、また開けたら、やっとできた。このパソコンは色々な癖を持っていて、私でないと機嫌が取れない。パソコンにも個性があるのね。夫に「昼ご飯は肉を解凍しようか?」と言うと、夫は昨日遊びに行って帰...

続きを読む

娘の縁談

自分のことだけで必死なのに、夫が何もしようとしないので、高校時代の親友の坊ちゃんに、問い合わせたら、「30歳で独身」と言うので、こっちは喜んで「うちの娘と見合いさせてくれ」とと頼んだら、「娘さんの幸せを真っ先に考えて下さい」等々ふにゃごにゃ言ってたので、「幸せを考えるからこの縁談を持ちかけたのです」というと、まだわからんのかと止めを刺すように「息子は結婚する気はないのです」と偉そうに言われて、嫌な...

続きを読む

夫という現実

夫が起きてきた。現実そのものだ。よく眠れるので、起きたら元気満々で、大きな声で、私に文句をつける。こっちはぼうっとして、でもしなければならにことが一杯で、その一つでも手伝って欲しいのに、夫は元気で放言している。夫は神社、仏閣、お経に関心があるのに、私が全然そいうものに関心がないので、私のことを「無神論者」と言うが、夫こそ無神論者だと思う。仏教、神道に関心があるのは、研究(というのがおこがましいなら...

続きを読む

悪夢の連続

放射冷却のせいか?あまりの寒さに、4時ごろからだったろうか?目覚めていたが、今まで布団の中にいた。眠っている間は悪夢の連続で、主に入試に落ちる夢を見た。これは、私が一浪して東大を受けるが、落ちて、滑り止めに受けていた早稲田に救ってもらった時の夢で、敗者の弁になるが、現役の時も一浪しても、強烈な不眠症で、勉強が全然できなかったのである。15歳の時から不眠症だった。入試を受ける時は、不眠がピークに達し...

続きを読む

冷水の効果

娘が、無職の彼氏と別れて「縁談頼む」と言ってきたのに、夫が何もしようとしないので、私は娘が可哀想でならず、夫は憎くてしょうがない。あれほど「誰やらがおる」「彼やらがおる」と言いながら、何も行動しないので。父親が「今の彼氏と徐々に別れていくようにしろ」と言ったので、なるべく会わないようにして、自然消滅にした娘が可哀想でならない。そりゃあ、友達にでも自分の娘のことを言うのは勇気がいる。まず、娘の学歴が...

続きを読む

日本全国無責任男

昼ご飯、米を炊き、味噌味の鍋物を作り、後、魚焼けば出来上がり、としてたら「ワシは、今日ラーメンを食べる」と夫が宣言したので、「早く言ってよ。もうご飯作ちゃったよ」と言うと、「両方食べたらいいんだろ」とどくれて言うので、私が「作る側のことを考えてよ。そうやって娘のことも考えてやらず」と恨みを言うと「ほなら、おみゃあは何をしたと言うんだ」(夫は腹を立てたら、私のことを、おみゃあと呼ぶ)。「おみゃあの薬...

続きを読む

頻尿に打ち勝ちたい

私は、昨日働きすぎて疲れて、今起きてきた。夫は、昨日遊びすぎて疲れて、今起きてきた。どうも不条理な気がする。「そんなに働きすぎるようなことがありますか?」と疑問が湧くだろうが、イソップではないが、田舎のネズミは、山で収穫した柚子の始末をすることとか、一杯することがあるのだ。朝起きて、靴下の片っ方が見当たらないのは、今日と言う日が、不幸の神様に憑かれている証拠のような気がした。また、水分を控えなかっ...

続きを読む

朝のだるみ

このごろずーっと、朝だるくてエンジンがかからない。それで冷水をかぶるのだが、かぶる前は怖くて「かぶりたくないなあ」と思う。冷水を浴びても、体がしゃっきとする訳ではないのだが、かぶった直後は気持ちがいい。私にエンジンがかかるのは11時ごろだが、シャキッとする頃には、いつも同じ服で嫌だなあ、と思う。でも、めんどくさいので、同じ服を着ている。こういうのはよくない。おしゃれ心を失わないことが、老いに負けな...

続きを読む

朝の滅入り

朝、暗い気持ちで目覚める。具体的には、娘の縁談が全然進まないことだが、昨夜はいいことと悪いことが同時にあった。いいことは、娘から電話があり、氷解したことで、「なあんだ、やっぱり犬も食わぬ母子の痴話喧嘩だったじゃないか」と思うだろうけど、私は仲直りするまで、とても苦しかったのだ。悪いことは、夫が、酒を飲んで酔っ払って荒れたことである。普段は、酒を飲むと、夫は機嫌がよくなり、明るい放言をするのだが、昨...

続きを読む

だるみ

滅入りがなおりかけた頃、だるみがする。ぼうっとして覚醒しないのだ。また、冷水を浴びなければならないかと思う。朝、折角早く起きてても、ゴロゴロしているのは、時間の無駄使いで怖い。冷水を浴びるのは、苦しいから嫌なのだが、仕方ない。と書いた後、冷水を浴びてきた。大体洗面器で10杯くらいかぶる。荒行でござる。店もあって、家に居ることが多い私は、運動不足になりがちなので、ラジオ体操をしているが、6時半、8時...

続きを読む

滅入りの凄まじさ

朝の滅入りの凄まじさといったら、耐えがたいものがある。夜中にトイレに起きた時もだが。やはり老い、死が怖いのだ。滅入るのは、娘と喧嘩状態にいたから、と思っていたが、娘と仲直りをしても、滅入りは凄まじい。もうすぐすると、現実を具現したような夫が起きてきて、私に文句を言い、私も腹が立つが、現実感がして、虚無感が紛れるからいいのかもしれない。88の老母が、病気で介護されていても、「どんな気持ちがする?」と...

続きを読む

プロフィール

marimidori

Author:marimidori
東京で生まれた後、親の転勤もあってあっちこっちへ住み、今は徳島在住。夫の経営する薬店を手伝いながら、諸行無常の生活をしている。15歳の時から強烈な不眠に悩まされ、二十歳の頃ついた病名が境界性欝病。還暦になった今でも治っていない。同じような病の人に役立てばとブログを始めることにした。FC2ブログへようこそ!

最新コメント