FC2ブログ

記事一覧

介護の話①

朝、起きると、近所のママ友さんが店にやってきて、(ママ友と言っても、私より14歳年下)その人は、陰気で消極的な私と違い、明るくて行動的な人で、私に「元気そうなな」と言うので、「元気でないのよ。父が亡くなった後、母が骨折したりして、姉と交替で介護してるの」と私が言い、「でも、A(その人の名)さんよりはましよ。実の親だから」[Aさんは大変だったね。義理だけど、古祖母さんから古祖父さんから、祖父さんから見て...

続きを読む

法事男

夫は、男として、命を懸けるような仕事を持っていないので、葬式とか法事とかがあると、せっせと行く。それで娘と私は夫のことを密かに「葬式男」「法事男」と呼んでいる。今日夫は親戚の法事へ行く。それで私は伸び伸び暮らそうと思っていると、夫が起きてきて、私に嫌なことを言う。法事へ行くまでのちょっとの間も、私を見たら、何か言わずにはおれないのだ。それから何年経っても、夫に気を使っているのに「好き放題に生きてい...

続きを読む

水戸黄門の印籠

私は、水戸黄門の印籠のように、名刺を差し出したら、「おおっ」と相手がへりくだるような職に就きたかった。父など裁判官だったから、「判事」とついた名刺を差し出すと皆「ほうぉー」と言った。私もそんな看板が欲しかった。人間としての実力があるなどと言っても、誰も感心してくれない。ああ、何故若い時から資格を身に着けとかなかったのだろう。今60だから80まで生きるとして、後20年しかない。60の手習いと言う言葉...

続きを読む

明日、実家へ行くことになった

このタイトルを書いたのは、一週間前。今は、嫁ぎ先にいる。夫が商工会の親睦会に行くので、留守番に帰っている。一人暮らしの母の下へ帰るのは、夜7時以降になる。母が心配で実家へ行こうと思うが、夫は「お前の運転の方が心配」と言う。そのうち復活するので、しばらくお待ち下さい。今日眼鏡を直してもらいに時計、眼鏡の池田に行ったら、直してから「どうぞかけてご覧下さい」と鏡を見せられたが、おのが醜さにぞっとした。あ...

続きを読む

母の介護と自分のすべきことの両立

朝ふらふらで起きてくる。10月ともなればこんなに寒いのか?と思うほど寒い。母が福祉を一切受けてくれないので、疲れている。自分のやりたいことを一切やめたら、介護だけで楽なのかもしれない。自分のやりたいことは沢山ある。大きな目標としては、文筆で身を立てることで、ピアノも弾きたいし、自分だけの楽しみをやめたとしても、こっちの家ですべきことは沢山ある。家の中をきちんと掃除することや夫の食事作り、店の経営、...

続きを読む

プロフィール

marimidori

Author:marimidori
東京で生まれた後、親の転勤もあってあっちこっちへ住み、今は徳島在住。夫の経営する薬店を手伝いながら、諸行無常の生活をしている。15歳の時から強烈な不眠に悩まされ、二十歳の頃ついた病名が境界性欝病。還暦になった今でも治っていない。同じような病の人に役立てばとブログを始めることにした。FC2ブログへようこそ!

最新コメント